Wonderbar

This Safari Extension is an Extension for Safari OS X 10.6, 10.7 Lion to provide easy Access of Project Wonder Content

この Safari 拡張機能は OS X 10.6 以上(Lion 対応)で、プロジェクト Wonder コンテントへのアクセスをお手伝いします。


Wonderbar - Safari


jump to this Page for Explanation to the Features of the Extension.

現ページへジャンプし、Wonderbar の説明を表示します。


Link to the Wonder-Community Page

Wonder コミュニティーへ


Eclipse Developer Installation Page

Eclipse 開発インストール案内ページ


Wonder Git Open Source Project

Wonder Git オープン・ソース・プロジェクト


Deployment Install Helper Page

配布インストール案内ページ


Wonder Roadmap

Wonder Roadmap へ


Link to Wonder-Wikipedia

Wonder Wikipedia へ


Search Field for Wonder Wiki

Wonder Wiki 情報検索フィールド


Search Field for Wonder JavaDoc

Wonder JavaDoc 情報検索フィールド


Sample

 

 


Search for WOdka JavaDoc (Japanese only)

WOdka JavaDoc 情報検索フィールド (日本語専用)


Link to Wonder Jira

Wonder Jira へ


Link to Wonder-Jenkins

Wonder-Jenkins へ


Link to Sample Applications

サンプル・アプリケーションへ


Link to Java 6 Documentations (English / Japanese)

Java 6 ドキュメンテーションへ (英語 / 日本語)


Link to WebObjects 5.3 Documentation

WebObjects 5.3 ドキュメンテーション


Link to WebObjects 5.4 Documentation

WebObjects 5.4 ドキュメンテーション


Link to Wonder Documentation

Wonder ドキュメンテーション


Preferences 環境設定

In Safari Preferences there is an Extensions Menu

Safari 環境設定内には機能拡張タグがあります。

 

Checkbox “WOdka (日本語)”

If this Checkbox is on, the Links for the Japanese Page are available.
English User may have this link OFF.

日本のユーザはこのチェックをオンすることで、日本語コンテントへのアクセスが増えます。

 

There are 5 places for setups of WO Monitor. Server Name and URL

WO Monitor をセットできる場所が5件あります。設定するのはサーバ名とアクセス URL

 

Decide which Documentation has to be use.

使用するドキュメンテーション・バージョンを決定します。

 

Wonderbar - Chrome

Chrome has the some feature like Safari, except the WOMonitor part.

WOMonitor 以外には同じ機能を楽しめます。


ニュース

K's Room について...

K's Room は 1997年に設立し、当初は 4D の販売とアプリケーション開発を永年続きましたが、 4D に不信感と限界を感じたところで新たな開発環境を探しました。最初は RealBasic などで多数のプログラムを作成しましたが、 Web系アプリケーション作成には使えませんでした。そこで Web アプリケーション開発の王様 Java 言語と出会い、オブジェクト試行などの開発に恋しました。 いろいろ検討したところで Next 社が開発されている WebObjects フレームワークに今日まで取り組み、最高に幸せな開発環境を手に入れました。