Software Products

製品一覧

詳しく見る為には下記の商品をクリックします。

AreaList Pro (4D)

ダウンロード&価格

 AreaList Pro は標準の4Dで使用不可能な
  • 横スクロールエリア
  • リサイズ可能スクロールエリア
  • 自動列幅
  • フォーマット
  • クリップボードへのコピー
  • ドラッグ&ドロップインタフェース

などを実現します。

さらにリストに直接入力も可能です。データ入力のコントロールとポップアップも勿論、可能です。

AreaList Pro provides all the features you need to create sophisticated and user interface rich list controls with 4D v11 SQL, 4D v12, 4D v13 and 4D v14.

Version 9 is a full rewrite offering backward compatibility with 8.x versions and many new features.

The manual and examples have been redesigned to help mastering the powerful AreaList Pro version 9 API. 
AreaList Pro version 9.x is also compatible with version 8 API.

* Full 4D v11, v12, v13 & v14 compatibility
* New API based upon a full list of properties that the developer can set / get
* Hierarchical lists display
* Grid mode (a series of cells, defined by a two-dimensional array)
* Mapped values
* Ability to hide individual columns
* Styled text
* Hierarchical menu popups
* Controls in lists
* RGB colors with transparency
* Caching of formatted values (speeds up display)
* Drag and drop from and to non ALP and non 4D objects, including desktop items, files and folders
* Full Unicode support including display and data entry
* Separate XML file for formats, months names, colors names, etc.
* Native look, using up-to-date drawing libraries (CoreText / CoreGraphics on Mac, GDI+ on Windows)
* Wrapped text
* Dynamic row height 
* New text attributes, including vertical alignment, rotated text, horizontal scaling and line spacing
* Now includes DisplayList commands
* Single word wrapping 
* Date and time format enhancements 
* Strike-through support
* Enhanced single click event support
* Non-native header display, including sort indicator and color background properties
* Free column text property for developer use 

ALP Sample3

View Image

ALP Sample2

View Image

ALP Sample1

View Image

ALP Sample

View Image

ALP Sample

View Image

ALP Sample

View Image
CalendarSet (4D)

ダウンロード&価格

4D 12 対応

CalendarSet
 is an easy-to-use tool for implementing calendars on 4th Dimension forms.

CalendarSet's plug-in interface is fast and intuitive, and provides capabilities not available to the developer using native 4D commands and objects.

what's new
Version 3.6 fixes various bugs, simplifies the license system and brings an overall better stability.

Version 3.5 licenses can be upgraded to 3.6 for free (except OEM licenses subscribed with a third party), please contact e-Node with a valid proof of purchase if your license was purchased from a third party.

System requirements
CalendarSet 3.6 requires 4D v2004 or higher (including 4D v11 SQL).

Fixed bugs
- MM_PopArea objects would not display properly on Windows clients 
- Time, date and color popup menus no longer "stick" to the pointer. 
- General stability improvements, especially with 4D v11 and Windows. 

Syntax modification
CS_Register now expects only one parameter, as there is now only one registration key (see below).

New license system
Only one registration key is required. The key is either linked to the 4D or 4D Server serial number (regular licenses), or to the name of the company / developer (unlimited licenses).
Like all e-Node plug-ins, CalendarSet offers six different license types. There are no such things as MacOS vs Windows or Development vs Deployment.

Please refer to the updated CalendarSet 3.6 manual and to the release notes (links above) and to the license section (below) for more details.

カレンダー・ビュー

View Image

カレンダー・ポップアップ

View Image

フォーム内で作成されているカレンダー

View Image
Medical Viewer (Mac or Win)

ダウンロード&価格

 

Escape Medical Viewer の OS X バージョンが v.4.2.1 になりました。10.6 以上
10.8 Mountain Lion 対応

  • Multi-series display of up to 4 series or multiframe sequences
  • Display of each series or multiframe sequence in user-definable grid
  • User-controlled on-image display of demographics, scale, DICOM overlays
  • Support for non-square pixels
  • Calibration of uncalibrated images
  • User-defined tool scope: changes can affect only the current frame or the entire sequence
  • Extraction of localizers if found in the same series as the slices (to enable usage in multi-series display mode)
  • Automatic display of reference lines when more series of the same frame of reference are displayed simultaneously
  • User marks allow for selective traversing, anonymizing and exporting
  • Cine playback with variable frame rate, autoplay and traverse functions
  • User objects (measurements, eraser, text annotations, arrows)
  • Pixel density measurements (Hounsfield units where applicable)
  • Alternative colorizations of grayscale and color images
  • Batch export: frame, sequence, series, study, patient, all patients, marked items
  • Batch anonymize: file, sequence, series, study, patient, all patients, marked items
  • Batch export of DICOM data: file, sequence, series, study, patient, all patients, marked items
  • Printing to any connected printer

 



Escape Medical Viewer は OS X上で一番良いDICOMビューアとコンバータソフトウェアです。
Windows版もあります。

 


EMVはすべてのDICOMイメージ、DICOM対応のCD-ROM内のDICOMDIRファイルやすべての標準な画像ファイル(JPEG, TIFF)を開けます。PDFファイルはMAC OSXのみ対応。

医療と一般イメージの画像ソフトウェア

EMVはDICOM以上の医療ビューワーです。広範囲のDICOM情報の扱いに加えて、
EMVは他画像ファイルも開くことが可能です。JPEG, TIFF (ファックス含む), BMP, GIF, PICT, Photoshop (マルチレイヤー含む), FlashPix, などなど...

あなたがもっている全イメージを一つのソフトで見られる。

単一のファイル&患者リストに対応

一般の単一ファイルのビューウィングに加えて、DICOMイメージのフォルダーの指定により、EMVは早速に患者リスト情報を作成します。特定機能としてシリーズ表示と書き出しが可能です。

ローカルとオンライン・イメージに対応

イメージはアクセス可能なローカル・ボリュームやメディア(ハードディスク、CD ROM、ファイルサーバー)から開くのはもちろんのことですが、インターネットから http や ftp プロトコル経由も取得が可能です。

Escape Medical Viewer

View Image

Escape Medical Viewer

View Image

Escape Medical Viewer

View Image
EMV 4.1
EMV 4.1

Mac v.4 のスクリーンショット

View Image
Ole4D (4D)

ダウンロード&価格

Active Xオブジェクト・プラグイン

  • OLEオブジェクトの作成と取込み。 
    OLEオブジェクトはプラグインコマンドで作成できます。 
    後は4Dのアプリケーション内で操作します。 
  • フォーム内の配置。 
    4Dフォーム内にOLEオブジェクトを表示します。 
  • オブジェクトをBlob変数に保存します。 保存されているオブジェクト4D Blob変数、フィールドからロードできます。 
  • OLEオブジェクト・ツールバーの自由な位置設定。 
    オブジェクトの位置は4Dのフォーム内の自由な場所に配置できます。 
  • OLEオブジェクトのメニューの表示/非表示。 
    4Dメインウィンドウでメニューの表示/非表示が可能です。 
  • 4DからVB Scriptをインタープリタを使って実行します。 
    VB Scriptコマンドをプラグイン経由でコールできます。 
  • VB Scriptの変数内容を4Dの変数に受け取ること。OLEオブジェクト
    Integer, RealText変数やVB Script4D変数で受け取れます。 
  • OLEオブジェクト・イベントを4Dメソッドにセット。 
    OLEオブジェクトのイベントが発生すると指定されている4Dメソッド
    が実行されます。 4Dメソッドからイベント・パラメータをアクセスが可能です。 
  • リンクされているファイルのOLEオブジェクトの作成。 


MS Word Example
MS Word Example

MS Word Example

View Image
MS Excel Worksheet Example
MS Excel Worksheet Example

MS Excel Worksheet Example

View Image
FLASH Example
FLASH Example

FLASH Example

View Image
PrintList Pro (4D)

ダウンロード&価格

バージョン5:

 

PrintList Pro version 5.1.1 is compatible with 4th Dimension v11, v12, v13 and above, for both Macintosh and Windows, as well as Windows 64-bit 4D Server. It requires MacOS X 10.5 or higher and Windows XP SP2 or better. 

PrintList Pro version 5 is a complete rewrite, yet compatible with legacy 4.x code. 

 

 

バージョン4:

 

PrintList Proは、4D 2004.7 以上まだは 4D 11.3 以上で、 4D v.12 にはまだ対応していません。

PrintList Pro
は、配列とレコードを印刷するための使いやすいツールです。 

 

AreaList Proと同様に、PrintList Proは、自動コラム、カスタムフォーマット、ブレーク・レベルを提供します。 

 

標準の4Dでは不可能な印刷も簡単に実現できます。 

PrintList Pro
PrintList Pro

印刷サンプル

View Image
PrintList Pro
PrintList Pro

印刷サンプル

View Image
QDrop (4D)

ダウンロード&価格

QDrop 4D 2004 / v11 / v12 / v13 の最新バージョンへ対応しています。


バージョン 1.6 を使用する為には QDrop 1.5 キーが必要です。
他のQMedia / QMediaLight 1.6, QPix 3.6, QGrid 1.6, QMedical 1.6 と互換性があります。 


QDrop は、デスクトップのファイルやフォルダを4Dフォーム内へのドラッグ&ドロップを実現しています。 
QDropを使うことで、もっとユーザへの使いやすいインタフェースを作成することが可能です。 

QDropでフォーム内にプラグインエリアを配置することでドロップエリアが可能になります。このエリアはフォーム全体や他のプラグインエリアや特別なオブジェクトの後ろに配置することが可能です。 

QDropはMacOSのファイルタイプ(4 char)とWindowsの4D's MAP FILE TYPESを使ってドロップ可能なファイルの設定をします。QDropエリアを設定する為には、 

1. 配列の準備 (ドロップ可能なファイルタイプ)
2. プラグインエリアと配列の関連付け
3. その後はプラグインエリアが自動的に受付処理を行います。 

• ドラッグ&ドロップが発生した場合にはユーザへのビジュアルエフェクト
• ドロップ時にはイベントが発生しますので、その後処理も簡単にプログラムに書き込めます。 

QDropには特別なファイルタイプがよいされています。  
• "any*" すべてのファイルがアクセス可能  
• "fold" フォルダがアクセス可能  
• "qti*" Quicktime対応ファイルがアクセス可能  
• "qtm*" QuickTime対応の動画ファイルがアクセス可能 

例として:
QPix対応の画像ファイルをドラッグ&ドロップで登録を行いたい場合は、"qti*"だけの設定で可能です。 ドロップ可能なエリアのビジュアルエフェクトの設定も可能です。


 ==========================================================================
* The QDrop 1.5 bundle goes into the Plugins folder, next to the database structure. 
* QTMLGlue.dll goes into the Resources folder, next to the database structure. Necessary to support QuickTime file types if either 4D or 4D Server is deployed on Windows, may be omitted if the database runs only on Mac OS X. 
===========================================================================

QGrid (4D)

ダウンロード&価格

QGrid  4D 2004 / v11 / v12 / v13 の最新バージョンへ対応しています。


バージョン 1.6 を使用する為には QGrid 1.5 キーが必要です。
他のQMedia / QMediaLight 1.6, QDrop 1.6, QPix 3.6, QMedical 1.6 と互換性があります。 


このプラグインを使用すると、4Dフォーム上にスクローラブルピクチャグリッド("contact sheets")を作成できます。 

グリッドエリアにはセルが作成され、各セルにピクチャとテキスト見出しが納められます。 

セルの構造は、ディベロッパが定義することができます。各セルには、ピクチャと見出しという2つのオブジェクトが納められます。それぞれのオブジェクトの位置およびサイズは、ピクセル座標で正確に制御されます。さらに、見出しテキストのフォーマットも可能で、フォント、サイズ、字体、文字揃え、カラーを指定できます。 

セルには、背景ピクチャを設定できます。ピクチャおよび見出しフィールドは、この背景の上に表示されます。この機能により、グリッドの見栄えが断然よくなるので、あなたの4Dで人気のあるカタログ編集をまねてみることも可能です。 

今バージョンの主なデータソースはデータベーステーブルです。ピクチャと見出しフィールドはこのテーブルに属します(あるいはリレートした1テーブルに属す)。エリアには、指定されたメインテーブルのカレントセレクションのレコードに対応する各セルが納められます。 

イベントハンドラーメソッドにより、クリックおよびダブルクリックを検出し、処理を行うことができます。
 
エンドユーザには、タイルを簡単に選択する方法が提供されます。QGridでは、単一ユーザセレクションあるいは複数ユーザセレクションを考慮に入れており、またキーボードモディファイアをサポートし、ユーザセレクションを4D配列に返します。ユーザセレクションは色が変わるフレームで示され、セルが太枠で囲まれます。 

QGrid
QGrid

QGrid を使用したイメージ・セル配置

View Image
QMedia (4D)

ダウンロード&価格

QMedia  4D 2004 / v11 / v12 / v13 の最新バージョンへ対応しています。

バージョン 1.6 を使用する為には QMedia 1.5 キーが必要です。
他の QPix 3.6, QDrop 1.6, QGrid 1.6, QMedical 1.6 と互換性があります。 


QMedia は QuickTime でサポートされる各種デジタルメディアコンテンツを4th Dimensionで作成したアプリケーションに緊密に統合し、その格納や再生、編集、取得を可能にします。 QMediaを使用することにより、4DデータベースからQuickTime の機能をフルに活用し、プラットフォーム間の移植も容易に行えるようになります。 

QuickTime は、ビデオやサウンド、ミュージック、3D、バーチャルリアリティ等、およそ50種類以上のメディアをMacintoshおよびWindowsで扱うためのAppleのテクノロジーです。現時点では、4DでQuickTime を利用する方法としてはQMedia が唯一の手段です。 

さまざまなQMediaの機能、およびフルバージョンとライトバージョンとの違いについての新情報タグ内でご覧いただけます。 

QMediaの約200 種類のコマンドを使い、次のような事柄が行えます。

 

  • QuickTimeがサポートするあらゆるメディア(静止画像、標準ムービー、VRムービー、サウンド、ミュージックなど)を4Dのフォームやプラグインエリア上で再生 
  • プログラム上でQuickTimeのムービーコントローラの表示やパーツを制御し、完全にカスタマイズされた美しいメディアシアターを4Dフォーム上で実現! 
  • 数々のムービープロパティ(音量、レート、大きさ、継続時間、タイムスケール、注釈など)の取得/設定 
  • メディアファイルやBLOBを開き、ムービーファイルやBLOBに保存 
  • メディアファイルとムービーファイル、BLOBとムービーファイル間での双方向への変換 
  • 多種多様なQuickTimeコンプレッサ(Cinepak、Animation、Motion JPEG、Sorensonなど)を使用し、ビデオやサウンドを圧縮 
  • ムービージオメトリ、アングルのパンと傾斜、ノードとホットスポットをプログラム制御することにより、あなたのデータベースに印象的なVRムービーを完全に統合 
  • 個別のトラックレベルであらゆる種類のムービーを制御、編集。ビデオトラックのイメージサンプルの追加、削除、編集。テキストトラックの内容検索も可能!
QMedia エリアイベントとコールバック
QMediaではプログラムから20種類のQuickTimeイベントにアクセス可能で、これらのイベントをコールバックメソッドを使用して検出することができます。コールバックを使用すると、再生されたムービーや、ユーザが操作するVRムービー、表示または非表示のテキストトラックに格納されたテキストサンプルに対しても、4Dアプリケーションから対応できるようになります。
 
シーケンスグラビング
QMediaのシーケンスグラバをサポートします。MacやPCコンピュータに接続されており、QuickTimeドライバを備えるメディアソースからのフレームグラビングが、シーケンスグラバにより可能になります。このようなメディアソースとしては、ビデオカメラやデジタルカメラ、サウンド、ミュージックおよびテキストソースなどがあります。QuickTimeはこの分野のデファクトスタンダードとなっているため、通常この種のハードウェアにはすべて製造段階でQuickTimeドライバが装備されています。

QMedia Light (4D)

ダウンロード&価格

QMedia Light は 4D 2004 / v11 / v12 / v13 の最新バージョンへ対応しています。



バージョン 1.6 を使用する為には QMedia Light 1.5 キーが必要です。
他の QPix 3.6, QDrop 1.6, QGrid 1.6, QMedical 1.6 と互換性があります。 


QMedia Lightで何? 
QMediaの機能制限されているプラグインです。使用が簡単で、開発中のデータベースにも取り込みやすく、と価格も手ごろです。主な機能はQuickTimeメディアの再生と動画使用時のコントローラの制御です。 

QMedia Lightは本当に軽いですか?
手軽いに開発中のデータベースへインストールし、動画を動かし、の開発者のためのプラグインです。QuickTimeをデータベースから使用が可能ですが、ホットスポット、ノード、視点切替、QuickTime VRなどを使用予定のない開発者のために設計されています。QMedia Lightが4th Dimensionにマルチメディア機能を追加し、価格も手ごろです。4Dの開発者には一番よい方法です。 

QMedia LightからQMediaへのアップグレードは可能です!!
QMedia Light で開発し、ある日にやはりQMediaの機能を使いたいと思った場合でも、アップグレードはいつでも可能です。コードの変更も必要ありません。(On Startup methodのライセンス番号を除く)

ディスク上のファイルもインターネットのURL指定ファイルの再生が可能です。 (http://, ftp://, rtsp:// と file:// プロトコル) 

QMedical (4D)

ダウンロード&価格

QMedical は 4D 2004 / v11 / v12 / v13 の最新バージョンへ対応しています。



QMedical adds DICOM imaging to 4D databases. DICOM (Digital Imaging and Communications in Medicine) is a standard for handling, storing, printing, and transmitting information in medical imaging. It has been widely adopted by hospitals and is making inroads in smaller applications like dentists' and doctors' offices.

QMedical implements segments of Part 10 of the DICOM standard, which pertains to off-line media. In other words, it allows 4D developers to open DICOM-compliant files, read all (standard and custom) DICOM information elements, and visualize pixel data using all applicable compression schemes. QMedical does not implement DICOM networking.

Main features

  • open DICOM image files (single and multi-frame) of any modality
  • true window/level adjustment
  • cine widget for playback of ultrasound clips, angio cine loops, etc
  • multiframe navigation widget (prev/next, frame # readout)
  • full command set for accessing DICOM non-image data
  • convert/export DICOM images to still-image formats and DICOM sequences to movies


Supported DICOM specs

  • Transfer syntaxes: Implicit VR Little Endian, Explicit VR Little Endian, Explicit VR Big Endian, RLE Lossless, JPEG Baseline (Process 1), JPEG Extended (Process 2 & 4), JPEG Lossless Non-Hierarchical (Process 14), JPEG 2000 Lossless, JPEG 2000 Image Compression, JPEG 2000 Multiple Component Lossless, JPEG 2000 Multiple Component Image Compression
  • Samples per pixel: All valid values
  • Photometric Interpretation: MONOCHROME1, MONOCHROME2, PALETTE COLOR, RGB, YBR_FULL
  • Rows and Columns: All positive values
  • Bits Allocated: All valid values (8, 10, 12, 16)
  • Bits Stored, High Bit, Pixel Representation: All allowed values
  • Planar Configuration: color-by-plane, color-by-pixel Pixel Aspect Ratio: supported
  • Palette Colors: LUT Descriptors and Data individually per color
  • Modality LUT IE: Rescale Intercept, Rescale Slope, Modality LUT Sequence
  • VOI LUT IE: Window Center, Window Width, VOI LUT Sequence


QMedical
QMedical

QMedical is a 4D plug-in that integrates DICOM imaging in 4D databases on both MacOS and Windows. QMedical is bundled with other useful plug-ins (QGrid, QDrop) and a professional quality DICOM viewer in source code.

View Image
QPix (4D)

ダウンロード&価格

QPixは 4D 2004 / v11 / v12 / v13 の最新バージョンへ対応しています。


バージョン 3.6 を使用する為には QPix 3.5 キーが必要です。
他のQMedia / QMediaLight 1.6, QDrop 1.6, QGrid 1.6, QMedical 1.6 と互換性があります。 


豊富なイメージ・インポート 

 

  • Imports all file formats supported by QuickTime importers, such as JPEG, GIF, TIFF, PICT, PNG, Photoshop, and more. 
  • Additional support for Kodak PhotoCD, Scitex CT and multi-page PDF (MacOSX) via custom importers developed by Escape. 
イメージ・アクイジション
  • Acquire photos from digicams, captures from webcams and camcorders, as well as traditional scanning using a wide range of personal or high-end document scanners with Automatic Document Feeder and Duplex options. 
イメージ変換
  • Rotate (arbitrary angle), zoom (percent, fit, fill), flip (horizontal, vertical, both), select rectangular part, crop, set scroll offsets. 
  • Apply filters to images (see "Filters"). 
  • Lossless rotation, flipping and mirroring of JPEG images without opening the file (JPEG transcoding). 
マルチ・ページTIFF作成 
  • Combines a series of source image files or 4D pictures into a multi-page TIFF file, using PackBits, CCITT G3/G4, or none compression. 
  • Multi-page TIFF generation turns scanned pages into electronic documents that can be efficiently stored, distributed and visualized using a QPix area as document viewer. 
メタ・データ
  • Reads TIFF, Exif, GPS, IPTC, and QuickTime metadata tags. 
情報 
  • General info: height, width, color depth, horz/vert resolution 
  • Frame type: page, resolution, layer, thumbnail. 
  • Color info: color space, color profile. 
  • Compressed picture info: codec used, depth, quality. 
サムネイル 
  • Extracts embedded thumnails from EXIF/JPEG and TIFF. 
  • Creates high-quality thumbnails (using bicubic interpolation). 
出力フォーマット 
  • Exports towards all file formats supported by QuickTime exporters, such as JPEG, TIFF, PICT, PNG, JPEG 2000, and more. 
フィルター 
  • Supports all installed QuickTime filters applicable to still images, including brightness/contrast, sharpen, blur, RGB and HSL balance, and many more. 
プラグイン・エリアの機能
  • Customizable area style (scrollable, various fixed styles) 
  • Widgets: area tools, zoom, multi-page navigation 
  • Tools: pointer, hand, marquee, zoom. 
  • Support for 4D's drag and drop 
  • Proportional scrollbars and live scrolling 
  • Area menu bar with common functions 
  • Codeless area setup with Advanced Properties Dialog 

イメージアクイジション
イメージアクイジション

Acquire photos from digicams, captures from webcams and camcorders, as well as traditional scanning using a wide range of personal or high-end document scanners with Automatic Document Feeder.

View Image
イメージアクイジション
イメージアクイジション

動画取り込みサンプル画像

View Image
サムネイル
サムネイル

Creates high-quality thumbnails (using bicubic interpolation).

View Image
hmCal (4D)

ダウンロード&価格

4D v12 + 4D v13 対応
Macintosh 10.5.x/10.6.x and 10.7.3
Windows XP, Vista and 7


hmCal puts simply and fast a complete calendar functionality to your 4th Dimension application. It is always guaranteed that functionality between Macintosh and Windows is identical.The advantage of hmCal is that it can be integrated extremely simply into existing solutions. So appointments, virtual appointments (it does not have to exist a data record), repeated appointments etc. in complex situations (rights of access, on-the-fly-creation) can be represented and manipulated.

Main Features

 

  • 7 views: daily view, user daily views (team calendar functionality), multi day view, user weekly view (resource managemant), project view and month view
  • Multi-day appointments
  • Recurrence appointments
  • Import and export as iCalendar format
  • Support of columns
  • Complete adaptability of the calendar by programming language
  • Stylesheets for each calendar-object
  • Shifting and extending dates by the user, drag & drop in all views
  • User actions/events can be administered by programming language (callback method)
  • Drag & drop of other form objects into the calendar• You can display appointments in complex situations (rights of access).
  • Customizable colors, icons and tooltips
  • Identical function range under Macintosh and Windows
  • Full Unicode support
  • Visualization of searches
  • Management system processes

With version 4.1 of hmCal we continually integrate new features and improve stability and integrity in 4D.

hmCal 4.x contains tremendous new functions and improvements:

  • Introduction the 7th view: hmCal 4 introduces a new resources view. In this view you can display days vertically and users and hours horizontally. E. g. now you can see several people and their appointments of one month in one view!
  • hmCal 4 brings full power on the v12 and v13 4D Server 64 Bit. Now you can run hmCal 4 on the 4D Server 64 Bit on Windows.
  • Multistyle-Text in Appointment Header and Descriptions
  • Added support for Print Form to print a hmCal area on a 4D form
  • Contains new internal graphical improvements and more speed
  • Set own gradients for each appointment
  • New hmCal Mini Calendar Style

ガンチャット

View Image

hmCal サンプル

View Image

ALP Sample

View Image
hmReports (4D)

ダウンロード&価格

You need amazing reports, invoices & documents? Do it with hmReports!

hmReports is a new plug-in developed by heubach media, Hamburg, Germany for 4th Dimension.
hmReports (build 16397) provides you a powerful tool to create, edit and print graphics and reports.


The following features are included:
 

  • Create reports without any programming knowledge
  • Import, edit and export SVG documents
  • Open storage format of the report-blob (XML)
  • Create vector graphical documents
  • Modern graphical API with multiple gradients, alpha/opacity support and antialiasing
  • Create Text, Rectangles, Lines, Bezier curves, Arcs, Path, Pictures and Freehand objects
  • Support of Styled Text
  • Support of stepless zoom
  • View and edit multiple reports in one hmReports-area
  • Callback routines to manage events
  • Break processing with sections
  • Editable Preview
  • Unlimited Undo/Redo support
  • Support of multi pages
  • Support of layers
  • Access to the database, array, array-elements and variables
  • Add scripts to objects and sections
  • Integration of 1D Barcodes, 2D Barcodes and stacked Barcodes (over 60 types)
  • 64 bit Plugin (for 4D v12 Server 64 bit on Windows)
  • Supported languages of the GUI: English, German, French, Spanish, Japanese

  • Automatic Line Height

hmReports supports automatic line height depending of its content. In this case, all other objects can be automatically moved or resized.


One is not enough

hmReports does support multiple detail sections. Now you can create reports with real multiple subdetails. For example, you are able to create a report with three detail sections (also headers and footers): With hmReports you can easily create a customer list with its invoices and for each invoice its position.


Graphic Editor

With hmReports you can create high quality graphics. With the support of layers and groups, you can edit complex graphics very easily. Of course you can open, edit and save SVG documents as well.

hmReport
hmReport

リポートを SVG ソース・データに変換したイメージ。この機能でデータをデータベースに保存が簡単に可能になります。

View Image
hmReport
hmReport

リポート機能を使って、データを定義したイメージです。

View Image
hmReport
hmReport

SVG データを編集したところです。

View Image
hmReport
hmReport

複雑な SVG イメージ・データの編集

View Image

ニュース

K's Room について...

K's Room は 1997年に設立し、当初は 4D の販売とアプリケーション開発を永年続きましたが、 4D に不信感と限界を感じたところで新たな開発環境を探しました。最初は RealBasic などで多数のプログラムを作成しましたが、 Web系アプリケーション作成には使えませんでした。そこで Web アプリケーション開発の王様 Java 言語と出会い、オブジェクト試行などの開発に恋しました。 いろいろ検討したところで Next 社が開発されている WebObjects フレームワークに今日まで取り組み、最高に幸せな開発環境を手に入れました。