QMedia Light (4D)

QMedia Light は 4D 2004 / v11 / v12 / v13 の最新バージョンへ対応しています。



バージョン 1.6 を使用する為には QMedia Light 1.5 キーが必要です。
他の QPix 3.6, QDrop 1.6, QGrid 1.6, QMedical 1.6 と互換性があります。 


QMedia Lightで何? 
QMediaの機能制限されているプラグインです。使用が簡単で、開発中のデータベースにも取り込みやすく、と価格も手ごろです。主な機能はQuickTimeメディアの再生と動画使用時のコントローラの制御です。 

QMedia Lightは本当に軽いですか?
手軽いに開発中のデータベースへインストールし、動画を動かし、の開発者のためのプラグインです。QuickTimeをデータベースから使用が可能ですが、ホットスポット、ノード、視点切替、QuickTime VRなどを使用予定のない開発者のために設計されています。QMedia Lightが4th Dimensionにマルチメディア機能を追加し、価格も手ごろです。4Dの開発者には一番よい方法です。 

QMedia LightからQMediaへのアップグレードは可能です!!
QMedia Light で開発し、ある日にやはりQMediaの機能を使いたいと思った場合でも、アップグレードはいつでも可能です。コードの変更も必要ありません。(On Startup methodのライセンス番号を除く)

ディスク上のファイルもインターネットのURL指定ファイルの再生が可能です。 (http://, ftp://, rtsp:// と file:// プロトコル) 


価格

工事中


  • ライセンス

     
  • バージョン

     
  • 環境

     
  • 価格

     
  • メモ

     
    • 開発ライセンス
    • 開発ライセンス
    • ランタイム 1個
    • C/S 1ユーザ
    • ランタイム 5個
    • C/S 5ユーザ
    • ランタイム 10個
    • C/S 10ユーザ
    • ランタイム 20個
    • C/S 20ユーザ
    • ランタイム 30個
    • C/S 30ユーザ
    • ランタイム 無制限配布
    • ランタイム 無制限配布
    • C/S 50ユーザ
    • 1.6
    • 1.6
    • 1.6
    • 1.6
    • 1.6
    • 1.6
    • 1.6
    • 1.6
    • 1.6
    • 1.6
    • 1.6
    • 1.6
    • 1.6
    • 1.6
    • 1.6
    • Mac
    • Win
    • Mac & Win
    • Mac & Win
    • Mac & Win
    • Mac & Win
    • Mac & Win
    • Mac & Win
    • Mac & Win
    • Mac & Win
    • Mac & Win
    • Mac & Win
    • Mac
    • Win
    • Mac & Win
    • 29,400円
    • 29,400円
    • 12,600円
    • 12,600円
    • 47,880円
    • 47,880円
    • 75,600円
    • 75,600円
    • 100,800円
    • 100,800円
    • 126,000円
    • 126,000円
    • 176,400円
    • 176,400円
    • 176,400円
    •  
    •  
    •  
    • 開発ライセンス必須
    •  
    • 開発ライセンス必須
    •  
    • 開発ライセンス必須
    •  
    • 開発ライセンス必須
    •  
    • 開発ライセンス必須
    • 開発ライセンス必須
    • 開発ライセンス必須
    • 開発ライセンス必須

ニュース

K's Room について...

K's Room は 1997年に設立し、当初は 4D の販売とアプリケーション開発を永年続きましたが、 4D に不信感と限界を感じたところで新たな開発環境を探しました。最初は RealBasic などで多数のプログラムを作成しましたが、 Web系アプリケーション作成には使えませんでした。そこで Web アプリケーション開発の王様 Java 言語と出会い、オブジェクト試行などの開発に恋しました。 いろいろ検討したところで Next 社が開発されている WebObjects フレームワークに今日まで取り組み、最高に幸せな開発環境を手に入れました。